店内ご案内

 〒289-0421 香取市鳩山344-4

       Tel:  0478-78-5733

       Fax: 0478-78-5734

 

営業時間: 直売所 9:00〜19:00 定休日なし

       レストラン 11:00~16:00(14:30LO)

  

駐車場: 90台  大型バス用 2台

農産物直売所

野菜・農産物 地元農家さんの朝採り新鮮野菜

風土村といえば、なんと言っても朝採り新鮮野菜。地元の契約農家の皆さんが、丹精込めて育てた農産物が並びます。毎朝採れたてだから、鮮度も美味しさも抜群!しかも生産元がはっきりしているので安心です。

お総菜コーナー   故郷の味・お総菜も豊富にご用意

風土村の美味しさをお持ち帰りできるコーナー。本格グリルやお弁当をはじめ、揚げ物、煮物など、シェフ自慢のお総菜が並びます。地元の新鮮野菜を中心に使用し、一品一品丁寧に手作りしています。毎日作りたてのお弁当をご提供いたします。

お取り寄せグルメで大人気!サンライズファームの手作りハムが勢揃い!

名産品(加工品)  厳選された特産物や人気のお土産

バイキングレストラン風土村

営業時間:11:30~16:00(14:30LO)

 

       

                 

大人                   ¥1500      

小学生                                    ¥1000     

幼児(3歳以上学齢前)               ¥700  

シニア割引(満65歳以上の方)   ¥200割引   

 

アルコールメニュー  ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーを別料金で用意しております。

地域活性化への取り組み

風土村ではボランティア集団山人(やまと)と共に、地域の育成を目的として様々な取り組みを行っています。

青空工房 日曜ざいく    ボランティア集団山人(やまと)

毎週日曜日 竹トンボ作りをしています。親は見守ることに終始し、一切子供の作業を手伝わないことが原則。親に頼らず、子供自身で竹トンボの出来上がりを想定し、材料を選び、道具を使い、子供自身で仕上げるのです。もちろん講師の先生にも手伝ってもらえません。羽根の削り方や棒の削り方等、完成品を見ながら、自分で考え、仕上げるのです。よく飛ぶ竹トンボを完成させた時の喜びはひとしおだと思います。この完成の喜びこそが子供の心の成長を促す力になるのではないでしょうか。また、切ったり、削ったりという道具を上手に使う作業に慣れ親しむことにより、もっとよく飛ぶ竹トンボ作りへと意欲を燃やすようになるのではないでしょうか。見守る親は『怪我をしないか』とハラハラしながらも、子供の成長の様子を知ることができますし、危険な道具の使い方については助言も与えられ、その間に、親子の絆はより深まるのではないかと思われます。(かとり市民環境ネットワーク会報より抜粋しました。) 

里山植物観察会    ボランティア集団山人(やまと)

9月の観察会は

 9月17日(火)  橘ふれあい公園駐車場に

   9:00  ごろに集まって

   9:30  にスタート予定です。

 

観察会だより   2019-7

「行き当たりばったり」、無計画さをやや否定的に云う言い回し。あまり好意的には使われないようではあるが、個人的には嫌いではない。行く先に待っているのは期待とはちがうかもしれないが、ひょっとしたら、という期待感も棄てられないから。結果は意識しないで、逆に予想外の結果が待っていることを楽しみにする生き方もよしとするのはどうだろう。牧野の森でも、もしかすると・・・ばったり出会う何かが、を楽しみに回るというのはどうだろうか。

            R-1.8.28  天地始粛

8月の観察会は

8月20日(火)になりました。

いつものように

橘ふれあい公園駐車場に

9:00 ごろに集まって

9:30 にスタート予定です。

 

前回(7月16日)雨で流れましたので急遽予定をくみました。都合のつく方は是非・・・・。振替日は7月30日(火)

観察会だより  2019-6

はじめにひとこと。やっぱり、というか梅雨の時期、雨のため観察会は取りやめざるを得なかった。ということで、その回の植物が撮れなかったので同地区内別の時に観たものを使いました。いつもの観察地では観られないもの。

七夕、アサガオは俳句では秋。やっと夏が見えたと思えば、文学はもう「秋」を観る。次回(8月)に観察出来るのは、もう秋の花微妙な自然の季節感を楽しむ俳句の世界もまた、月ごとの山野草の姿から自然の姿や、変化を確認する観察会と重なるところがあるようで。季節の変化と付き合いながら。七夕の竹晴天を揺らし伐る  歳時記

浴衣姿や団扇も秋の前触れか  R-1.7.23   桐始結花

7月の観察会は 7月16日(火)

  橘ふれあい公園駐車場に

9:00 ごろに集まって

       情報交換

9:30 にスタートの予定

観察会だより   2019-5

世界の動植物100万種「絶滅危機」何とも衝撃的な記事が、新聞の片隅に出ていた。世界中に約800万種いると推定している動植物について、種の絶滅のペースが「過去一千年以上の平均よりも数十倍以上速く、加速している」のだそうだ。IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム)と言いう世界132ヵ国の政府が参加する組織の公表した報告書の内容だと。そう言われてもピンとこないのはこの筆者だけか。我々の生存する地球上は常に変化を重ねて今に至っているらしいことだけは何となくかんじるのだが。    R-1.6.27

6月の観察会は  6月18日(火)

  橘ふれあい公園駐車場に

    9:00 頃に集まって 情報交換

    9:30 にスタート予定 小雨決行で

観察会だより  2019-4  

目に青葉という。里山は今、広葉樹の新芽が日ごと色を濃くしている。また、水田も、田植えが済んで間もなくの稲がどんどん伸びているのがその色の濃さで分かる。面白いのは、一つの山の緑でも、木々により異なる色を見せていることだ。青葉若葉と言い、新緑というが、山を見ると、モザイク模様のように、濃淡、明暗のちがいが組み合って今の季節を表現している。これは自然の豊かさが画かれた色あいでもあるようにみえたのだが。  R-1.5.27

5月の観察会は、5月14日(火)

橘ふれあい公園駐車場に

9:00ごろに集まって

     情報交換

9:30にスタート予定です。

 

5月19日(日)には、

香取市環境安全課主催の

自然観察会があります。

9:00~12:00

こちらは事前に申し込みを。

観察会だより 2019-3 

桜はほぼ満開になって、さて花見でもと考えていたら、突如、「梅」の話題が満開。「平成」に代わる新元号「令和」の出典『万葉集 梅花の歌32首・・・』である。l花と言えば「サクラ」、は後の話で、もとは「ウメ」だったそうなので、時代を考えれば、「ハナ」の原点が脚光を浴びるのもそれはそれで、などと、ひとり合点していたのだが。国の元号がらみになると、さて、のんびり花見の話でもなくなるか。などという間にサクラも散って、新元号の第一回は青葉の中の観察会に。

2019(平成31)4.22   霞始生

4月の観察会は   4月16日(火)

 橘ふれあい公園駐車場に

   9:00 ごろに集まって

   9:30 にスタート予定です

観察会だより  2019-2

ハールガキータ ハールガキータ ドコニキター 山に来た 里に来た 野にも来た。なんとなくそんな気持ちでいると テレビのニュース・ショウ(?)で、桜の花がふたつ咲いた、とか、あといくつで開花宣言だ、とか、マイクを持ったアナウンサーが興奮気味に叫んでいた。結果、今年は例年より五日ほど早いそうな。このようにコト細かく時の変化が気になるのは、やはり季節の変化がはっきりしている我が国だからこそ、なのか。何はともあれ、もう春盛んです。今回の観察会では?   

                 2019.3.26 桜始開

2019年 第一回 3月の観察会は

 

3月19日(火)に

  9:00ごろ集まって

  9:30にスタート予定です。

 

橘ふれあい公園駐車場でお会いしましょう。

観察会だより 2019-1

 

春になれば、至る所で草が芽吹き、草木に一斉に花が咲く。だけど、誰もが幼い頃から当たり前だと思って暮らしている。だけど、ある日、まぶしい若葉を見て、卒然として気づくのだ。私たちはものすごく不思議なことに囲まれ、それを不思議とも思わずに暮らしているのだということに・・・・。(森下典子 好日日記から)新しい年の会が始まるそうそう借り物で失礼。その不思議を見つけ、不思議に気づき、自然の中で生きていることに喜びを見つける。観察会にはそんな楽しみがあるのかな、ナンテ思いながら、今年も続けたいと思うのですが・・・。どうぞよろしく。

2019.2.19 雨水

”太古の昔から続く豊饒の地”    

秋の空は澄み、夜空にカシオペアが輝く。まもなくオリオンも顔を出すだろう。そんな空に、海外から飛来した旅客機の尾灯が瞬く。グローバルスタンダードをいう時代だからこそ、逆にオリジナリティが求められる。

ここは、日本列島。関東平野の東部、利根川の下流域にある「小見川・山田 田園空間博物館」。そこは、利根川支流の黒部川流域に広がる水田と、その低湿地 を取り囲む緑の台地が作る田園地帯。

「田園空間博物館」は、箱物を造らない博物館という触れ込みだ。麻績千丈ヶ谷には水田が広がり、その稲田を縁取る台地がある。地元の人が「やま」と呼ぶ標高40メートルほどの北総台地の緑。谷津田には舌状の台地が延びて、緑に被われている。この台地の起伏に人が拠った歴史は、太古まで遡る。この地には縄文時代の貝塚があり、稲作文化に育まれた古墳も眠る。人の歴史が営々と連なり、今に到る。絶える事がない豊饒の大地。そんな大地が、この利根川下流に広がる。・・・・・・日本の原風景と言ってもいい。 私は、貴重な財産だと思う。

その一角に「橘ふれあい公園・牧野の森」がある。ここに平成14年12月8日、多くの人が集まった。桜の里親になった人たちだ。みな手に桜の苗木を持ち、自分が植えるべき場所へ向かう。「0番はどの辺りかしら」、「おたくは何番ですか?」。誰彼はない、賑やかな話し声が響く。その話し声の主たちは、どの顔も明るく、みな自分の手で、「ふるさと」を創っているという喜びに輝いていた。

夏になると、役所から手紙が届いた。「桜の苗木が草に覆われる頃になりました。下草刈りを実施して下さい」と。平成17年の夏からは、下草刈りが日付指定になった。植樹したあの日に戻るかのように、人々は再会し、隣同士で助け合い、草刈りをした。1年後の夏、再び同じ場所に集う。一人の婆ちゃんが私のもとへきて「あぁ旦那、久しぶり。今日来たら会えるかと思ってよぉ」と、1年前のこの日に草刈りを手伝ったことへの礼を言う。互いに名乗りはしていない。でも、なんだか「七夕さま」になったみたいだ。

今私たちは、地球環境や生物多様性の問題と正面から向き合わねばならなくなった。幸い、ここは「田園空間博物館」。このエリアが拠り所になるだろう。これからの私たちが、どのような形で台地と関わっていったらいいのか。どんな郷土を創っていくべきなのか。

ひと先ず、この一角から始めてみるのはどうだろう。緑と、多様な生物とともにある暮らし。地球にやさしい暮らし。人に、何ができるのか。そして、香取で何ができるのか。・・・・・・日本の先駆けとして。                   ボランティア集団山人(やまと)  野平 和男

 

VISA、mastercardのクレジットカードがご利用いただけます。

suica、nanacoの電子マネーがご利用いただけます。

 

一部の専用レジ機で対応できます。

オードブル・お弁当のご案内

奥様のお手を煩わせずに、お客様や家族団らんのおもてなしに風土村レストランがお手伝いします。

オードブル      ¥3000

お弁当        ¥500(レストランの店頭販売している内容)

から承ります。

・ご予約お願い致します。