店内ご案内

 〒289-0421 香取市鳩山344-4

       Tel:  0478-78-5733

       Fax: 0478-78-5734

 

営業時間: 直売所 9:00〜19:00 定休日なし

       レストラン 11:00~16:00(14:30LO)

  

駐車場: 90台  大型バス用 2台

農産物直売所

野菜・農産物 地元農家さんの朝採り新鮮野菜

風土村といえば、なんと言っても朝採り新鮮野菜。地元の契約農家の皆さんが、丹精込めて育てた農産物が並びます。毎朝採れたてだから、鮮度も美味しさも抜群!しかも生産元がはっきりしているので安心です。

お総菜コーナー   故郷の味・お総菜も豊富にご用意

風土村の美味しさをお持ち帰りできるコーナー。本格グリルやお弁当をはじめ、揚げ物、煮物など、シェフ自慢のお総菜が並びます。地元の新鮮野菜を中心に使用し、一品一品丁寧に手作りしています。毎日作りたてのお弁当をご提供いたします。

お取り寄せグルメで大人気!サンライズファームの手作りハムが勢揃い!

名産品(加工品)  厳選された特産物や人気のお土産

バイキングレストラン風土村

営業時間:11:30~16:00(14:30LO)緊急事態宣言発令中、受付終了時刻を13:30に繰上げています。

 

       

                 

大人                   ¥1500      

小学生                                    ¥1000     

幼児(3歳以上学齢前)               ¥700  

シニア割引(満65歳以上の方)   ¥200割引   

 

アルコールメニュー  ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーを別料金で用意しております。

地域活性化への取り組み

風土村ではボランティア集団山人(やまと)と共に、地域の育成を目的として様々な取り組みを行っています。

青空工房 日曜ざいく    ボランティア集団山人(やまと)

毎週日曜日 竹トンボ作りをしています。親は見守ることに終始し、一切子供の作業を手伝わないことが原則。親に頼らず、子供自身で竹トンボの出来上がりを想定し、材料を選び、道具を使い、子供自身で仕上げるのです。もちろん講師の先生にも手伝ってもらえません。羽根の削り方や棒の削り方等、完成品を見ながら、自分で考え、仕上げるのです。よく飛ぶ竹トンボを完成させた時の喜びはひとしおだと思います。この完成の喜びこそが子供の心の成長を促す力になるのではないでしょうか。また、切ったり、削ったりという道具を上手に使う作業に慣れ親しむことにより、もっとよく飛ぶ竹トンボ作りへと意欲を燃やすようになるのではないでしょうか。見守る親は『怪我をしないか』とハラハラしながらも、子供の成長の様子を知ることができますし、危険な道具の使い方については助言も与えられ、その間に、親子の絆はより深まるのではないかと思われます。(かとり市民環境ネットワーク会報より抜粋しました。) 

里山植物観察会    ボランティア集団山人(やまと)  代表 野平和男 0478-75-2100

12月の観察会は 12月8日(火)です。

いつものように 橘ふれあい公園駐車場に

9:00ごろ集まって

9:30すぎに 出発の予定です。

観察会だより 2020-10

サザンカ 漢字では「山茶花」。しかしこの漢字を文字通り読めば、サンチャカまたはサンサカか。実際辞典によると「古くはさんさか、さんざか」とある。どこかで音がひっくりかえったもよう。はらつづみがはらずつみぶんぶくちゃがまが・・・ちゃまがになたのと似て非?

それはともかく山茶花の美しい季節。生垣の花が満開。咲いているのも見事だが、散って一面に広がった花びらもまたいい。この花のあとはまたしばらく寒い冬が。

次回はもう来年。    20.11.22 小雪

11月の観察会は

 11月17日(火)です

 いつものように

 橘ふれあい公園駐車場に

 9:00 ごろ集まって

 9:30すぎに

    出発の予定です。

観察会だより 2020-9 

ヒガンバナ マンジュシャゲ(曼珠沙華)の別名でも知られる、秋野の野辺に真っ赤に燃えるように咲き広がっているのは印象的。その咲き姿から想像を広げさせるのが、呼び名が多くあるのもこの花らしいと言えそう。主なものを関係書から抜粋する。

カミソリバナ・シビトバナ・トウロウバナ・マンジュシャゲ・捨子花・天蓋花(広辞苑)狐のたんぽぽ・狐のかみそり・狐のたいまつ・狐ぐさ・狐ばな・狐のおおぎ・狐のかんざし(野草の名前 秋冬山と渓谷社)まだありそう。

                 20.10.20 蟋蟀在戸

 

2020年10月の観察会は

 10月13日(火)です。

橘ふれあい公園駐車場に

 9:00ごろ集まって

 9:30すぎに出発

観察会だより 2020-8

ネコジャラシ エノコログサの俗称でエノコロは「犬ころ」で小犬、花穂を小さな犬の尻尾に見立て、漢字では「狗尾草」と書き、エノコロオグサが詰まったもののよう。この尾でネコをじゃらす。子猫が犬のシッポにじゃれついている姿を想像してみる。秋の夕日を受けて金色に輝くキンエノコロの群れが、風になびいているのを散歩の途中で見かけて一本引き抜き、コネコをじゃらすように手元でゆらしながら歩いていたことがあったっけ。

20.9.22 秋分

2020年8月の観察会は

 8月11日(火)

橘ふれあい公園駐車場に

 9:00ごろ集まって

 9:30には出発

の予定で実施します。

観察会だより 2020-6

今年の梅雨は例年になく雨が多かったように思うが。観察会の日も、車のワイパーを動かしながら会場に向かった。幸い観察には念のための傘も役立てないですんだが、終わる頃には堰の水面に雨滴の輪が広がっていた。

つゆ「梅雨」と書き、「黴雨」とも書く。梅の実が熟す頃の雨であり、黴が生じやすいからとも。シカシ、「ツユ」の説明にはならない。「露」とのかかわりもあるのだろうか。ある国語辞典の語源説に、「梅が潰える(ツイユ)からか」とあった。それはともかく目に映る植物たちは例年になくしっかり成長しているように見えたのはこの雨のせいでもあるのか、などと思いながらの観察会でした。    2020.7.22  大暑

2020年7月の観察会のご案内です。

7月14日(火)

橘ふれあい公園駐車場に

9:00ごろに集まって

9:30には出発の予定です。

観察会だより 2020-5

はじめてのクイズです。

6月の観察会で目にした植物の中から漢字で並べました。

こんな表記もある、ということで。話のタネにでもなれば、と。

 

残念ながらwindowsの文字変換ではこれらの植物の漢字が検索できませんでした。

隣の写真をご覧ください。

第2回の観察会は

4月14日(火)

橘ふれあい公園駐車場に

9:00ごろ集まって

9:30出発予定で

観察会だより 2020-2

「春の小川はサラサラいくよ・・・」小学生になってまず歌ったように覚えている。「岸のスミレやレンゲの花が・・・」歌いながら自然を観る目を育てられていたように思う。今の子供たちはどうなのだろうか。ちまたではこんなのどかな歌はほとんど聴かれないように思うのだが。世の中はどんどん変わっていても自然はそんなに変わってはいない、と思っていたら、新型コロナウイルスとやらが今、地球上を席巻して、人間界をおびやかしているらしい。これも自然界の変化のひとつなのだろうか。「すがた優しく色うつくしく」だけでもなさそうだ。               2020.3.21

観察会だより2020-

「背高泡立草」実はこれ、先日発表された第162回芥川賞をとった作品の題名です。「セイタカアワダチソウ」と見慣れた名前を漢字で見ると、ナニカ別のものに見えたのは自分だけ?

作品はまだ読んでいないのであまりに深いことは言えないのだが、普段植物名はカタカナで見慣れていると、「大犬の陰嚢」オオイヌノフグリ「屁糞蔓」ヘクソカズラなどもすぐにはあの可憐な花とは結びつかない。明治の昔、日本語表記をローマ字でといったお方がいたとか、ふと思い出した。それはともかく、今年も観察会の始まり。どんな話題が出るか、お楽しみというところ。どうぞよろしく、オネガイシマス。

                2020.2.20

”太古の昔から続く豊饒の地”    

秋の空は澄み、夜空にカシオペアが輝く。まもなくオリオンも顔を出すだろう。そんな空に、海外から飛来した旅客機の尾灯が瞬く。グローバルスタンダードをいう時代だからこそ、逆にオリジナリティが求められる。

ここは、日本列島。関東平野の東部、利根川の下流域にある「小見川・山田 田園空間博物館」。そこは、利根川支流の黒部川流域に広がる水田と、その低湿地 を取り囲む緑の台地が作る田園地帯。

「田園空間博物館」は、箱物を造らない博物館という触れ込みだ。麻績千丈ヶ谷には水田が広がり、その稲田を縁取る台地がある。地元の人が「やま」と呼ぶ標高40メートルほどの北総台地の緑。谷津田には舌状の台地が延びて、緑に被われている。この台地の起伏に人が拠った歴史は、太古まで遡る。この地には縄文時代の貝塚があり、稲作文化に育まれた古墳も眠る。人の歴史が営々と連なり、今に到る。絶える事がない豊饒の大地。そんな大地が、この利根川下流に広がる。・・・・・・日本の原風景と言ってもいい。 私は、貴重な財産だと思う。

その一角に「橘ふれあい公園・牧野の森」がある。ここに平成14年12月8日、多くの人が集まった。桜の里親になった人たちだ。みな手に桜の苗木を持ち、自分が植えるべき場所へ向かう。「0番はどの辺りかしら」、「おたくは何番ですか?」。誰彼はない、賑やかな話し声が響く。その話し声の主たちは、どの顔も明るく、みな自分の手で、「ふるさと」を創っているという喜びに輝いていた。

夏になると、役所から手紙が届いた。「桜の苗木が草に覆われる頃になりました。下草刈りを実施して下さい」と。平成17年の夏からは、下草刈りが日付指定になった。植樹したあの日に戻るかのように、人々は再会し、隣同士で助け合い、草刈りをした。1年後の夏、再び同じ場所に集う。一人の婆ちゃんが私のもとへきて「あぁ旦那、久しぶり。今日来たら会えるかと思ってよぉ」と、1年前のこの日に草刈りを手伝ったことへの礼を言う。互いに名乗りはしていない。でも、なんだか「七夕さま」になったみたいだ。

今私たちは、地球環境や生物多様性の問題と正面から向き合わねばならなくなった。幸い、ここは「田園空間博物館」。このエリアが拠り所になるだろう。これからの私たちが、どのような形で台地と関わっていったらいいのか。どんな郷土を創っていくべきなのか。

ひと先ず、この一角から始めてみるのはどうだろう。緑と、多様な生物とともにある暮らし。地球にやさしい暮らし。人に、何ができるのか。そして、香取で何ができるのか。・・・・・・日本の先駆けとして。                   ボランティア集団山人(やまと)  野平 和男

 

緊急事態宣言解除後も当面、短縮営業を継続します。

バイキングレストランは、6月1日より営業再開しました。

従来の受付終了時刻14:30は、その日の状況で13:30にさせて頂きます。

 

 

 

 9:30    開店   通常より30分繰り下げます。

18:30     閉店   通常より30分繰り上げます。

中間時間帯を、店舗の衛生管理の時間に充てていますが営業は継続します。並行の作業をご了解お願い致します。

14:30~16:30  店内清掃・消毒時間帯

バイキングレストランは6月1日より営業再開します。第2波、3波拡大防止の為のご理解、ご協力お願い致します。

バイキングレストランは、6月1日(月)より営業再開します。

従来の受付終了時刻14:30は、13:30に変更させて頂きます。

 

 

入店時に

①非接触型体温計による検温と

アルコールスプレーによる手指

殺菌の

ご協力をお願い致します。

 

第2波、第3波拡大防止の取組み

②入店時にお会計させて頂きます。

店内での従業員とお客様の会話を必要最低限にします。

③テーブル間隔を空けたご案内をします。出来るだけゆったりした4人掛けテーブルをご利用ください。

④お料理は原則として小皿盛にします。

トングによる取分けが必要なお料理は、スタッフがお手伝いします。

 

 

VISA、mastercardのクレジットカードがご利用いただけます。

suica、nanacoの電子マネーがご利用いただけます。

 

一部の専用レジ機で対応できます。

令和2年6月まで還元ポイントが適用されています。

オードブル・お弁当のご案内

奥様のお手を煩わせずに、お客様や家族団らんのおもてなしに風土村レストランがお手伝いします。

オードブル      ¥3000

お弁当        ¥500(レストランの店頭販売している内容)

から承ります。

・ご予約お願い致します。